高校生入試が終了し、やっとの感情で受験最悪から開きされて新しく高校生家計が始まったある日の職場。
我々は新しく知り合った級友たちと付かず離れずのギャップを保ちながら平凡に生徒家計を楽しんでしました。
そういったある日、私のことを第一声から「爆笑顔付き。キショイ。キモい個々仲良くしよな」と言って来た級友に話し掛けられた。
それは、それほど驚くことでもなかった。
入学部門の日光以後、恋人は何かにつけて我々に声を掛けてきていたからだ。
しかし、今日のそれはたえずとは変わりました。
「自力恋人いてんの?」
我々は一瞬眼が箇所になりました。
私の鳥獣学上の性別は「牡」であり、一般的に男子とか父親と別名繋がる鳥獣であったはずです。
我々が引き戻すうたい文句がない状態でいると、恋人は立て続けに言いました。
「自力ゲイやろ?ゲイくさい顔付きしてんもんな。隠さんでいいよ。分かってるから」
恋人は私の何を分かっているというのでしょうか。
その日一年中、我々は妙な気分を胸に抱きながら勉学を受けたのでした。
でも、何となく不快思いはしませんでした。
そう、それは我々は恋人のワンポイントによって私自身の中にはる本当の自力を見つけることができたからだ。